FRBやECBのマイナス金利の深掘りスタンス

デイヴィッド・プロサー
David Prosser
ロンドン在住のフリーの金融ジャーナリスト。金融業界取材歴は25年。複数の英有力紙の編集幹部職を経て,インデペンデント紙にビジネス・エディターとして3年在籍。現在は、英国内外の様々な新聞、雑誌、Webメディアに寄稿している。

2020年を迎えたが、世界銀行やIMF(国際通貨基金)などの世界経済見通しは芳(かんば)しくなく、主要国の中央銀行がここ数年の超低金利政策から脱却に向けて確固たる動きを見せることはなさそうだ。そのため、欧州の多くの機関投資家は、収益確保のため、過去最低の利回りが続く債券以外の投資先を探し求めることになるだろう。

この超低金利時代について、インベスコ・フィックスト・インカム(IFI)のチーフ・ストラテジスト兼ヘッド・オブ・マクロ・リサーチのロブ・ワルドナー氏は、こう警鐘を鳴らす。

「世界の中央銀行はここ数カ月、金融緩和をかなり拡大させている。FRB(米連邦準備理事会)は2019年8月に金融政策を緩和方向に転換済みだ。またECB(欧州中央銀行)も政策金利の引き下げ路線を続けており、マイナス金利の一層の深掘りが見られる」

このような環境下では債券利回りへの期待は低い。米中貿易摩擦から中東情勢の緊張の高まりに至るまで、経済や地政学的状況の不透明感が続く中では利回りは引き続き圧迫されるだろう。インフレ圧力が高まる兆候はない。そして、一部の中央銀行は、経済を少なくともリセッションに陥らせないよう躍起になっている。アシュバートン・インベストメンツのマルチアセット・ストラテジー部門でグローバルヘッドを務めるアルノ・ローレンツ氏はこう予測する。

「投資家の資金が安全な避難先に流れることによって、債券利回りは恩恵を受けるかもしれない。しかし、財政赤字の拡大で投資家が要求するリスクプレミアムが増大する可能性がある。先進国の債券利回りが依然として低い状況を受けて、新興国市場にはより高い利回りを求める投資マネーが流入するだろう。ただし、新興国市場の場合、リスクが高まり続ければ収益の持続的確保の可能性はないと見ている」

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略