2019年のベストディールを表彰する「ディール・オブ・ザ・イヤー」。金額規模や執行業務の鮮やかさ、資本市場に与えた影響といった点を基準に、全10カテゴリーからベストディールを選定した。
(※データはディールロジック提供 ※対象となる案件はすべて公表ベース ※各案件名、社名および概要をまとめた囲み内の社名の並びは、ディールロジックのデータと各種データを基に編集部作成(一部順不同を含む))

M&A部門

ベストM&Aディール(OUT-IN)

アプライド・マテリアルズによるKOKUSAI ELECTRICの買収

2019年7月、米ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は、KOKUSAI ELECTRIC発行済株式の100%を、米半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)に約22億ドルで売却することで合意したと発表した。

KOKUSAI ELECTRICは2017年にKKRが買収した日立国際電気の会社分割により誕生した。複雑な再編計画を通し、分割から約1年という短期間で、パートナーの選定および売却を実現した今回の取引は評価に値する。

2015年、AMATと東京エレクトロンの経営統合が独占禁止法に関する規制当局からの承認が得られず、破談になった。ハードルが上がる中での今回の合意達成は、困難な第一段階をクリアしたというところだろう。規制当局の承認を経たうえでの取引完了を見込んでいる。

ベストM&Aディール(IN-OUT)

アサヒグループホールディングスによるカールトン&ユナイテッドブリュワーズの買収

アサヒグループホールディングスは2019年7月、アンハイザー・ブッシュ・インベブが保有する豪ビール最大手カールトン&ユナイテッドブルワリーズ(CUB)を約1兆2096億円で買収すると発表した。買収額は2019年公表の海外企業買収案件で最高額だった。

CUBは「グレートノーザン」などの豪州トップブランド商品を保有するほか、マーケティング力の評価も高い。2018年12月期の売上高は約1734億円、営業利益は748億円だった。

アサヒグループホールディングスは、日本、欧州、豪州の3極を核とし、グループの持続的な成長を目指す。


この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略