重要なお知らせ

2017年8月29日、J-MONEYカンファレンスを東京で開催

日本銀行が、2016年2月にマイナス金利政策を導入して1年半。多くの機関投資家が、次の投資先を見い出せずにいます。J-MONEYカンファレンスでは佐々木融氏(JPモルガン・チェース銀行)、リチャード・ケイ氏(コムジェスト・アセットマネジメント)、松川恵美氏と中塚一徳氏(QUICK ESG研究所)を講師に迎え、為替、日本株、ESG投資の今とこれからについて考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

※申し込み期限は8月15日(火)まで
お申し込みはこちら


2017年春号

特集1▶個人向け非課税投資の可能性

特別対談 「iDeCo」と「NISA」は 金融業界をどう変えるか?

年間投資上限額40万円・非課税保有期間20年間という「積立NISA(少額投資非課税制度)」の創設が決まり、「iDeCo」の愛称が付けられた「個人型確定拠出年金」は加入対象者が拡大されるなど、個人投資家にとって長期の資産形成に取り組みやすい環境が整ってきた。「iDeCo」と「NISA」の現状や今後の課題などについて、日本証券業協会会長の稲野和利氏と投資信託協会会長の白川真氏に藤沢久美氏が聞いた。(対談日:2017 年3月2日)

(続きを読む…)

最新号の注目記事

特集2▶機関投資家のポートフォリオ戦略

対話や議決権行使でESGの改善促す 「エンゲージメント」が主流に

「ESG(環境・社会・企業統治)」の要素を運用に取り入れる動きが日本でも活発化してきた。ESG投資の関心が高まっている背景や今後の展望などを関係者に聞いた。(工藤晋也)

(続きを読む…)

J-MONEYファンド大賞2016

J-MONEYファンド大賞2016

ファンドのデータベースを運営するeVestmentの全面協力のもと、優れた運用実績を挙げた機関投資家向けファンドを表彰する「J-MONEYファンド大賞」。全6部門のランキングと、上位に入賞したファンドの運用会社のコメントを紹介する。
(続きを読む…)