• 1990年代後半にも円キャリートレードが市場を席巻
  • 当時2日間2.8兆円の円買い介入でも円安の流れは不変
  • 結局ロシア通貨危機と大手ファンド破綻が円安の終止符に
  • 現在の円安局面に当時ほどの過熱感はまだ見られない

1990年代後半にも円キャリートレードが市場を席巻

梅本徹
J-MONEY論説委員
梅本 徹

図表のJPY1は、1995年4月以降1998年8月までの3年超に及ぶ円安局面を、その始点である1995年4月19日を100としてプロットしたものである。この時の円安は、今回と同様、欧米ヘッジファンドによる円キャリートレードによってもたらされた。

1995年4月25日に米ワシントンDCで開催されたG7財務省・中央銀行総裁会議の共同声明において、「(ドルを)秩序ある形で反転させることが望ましい」と盛り込まれた上、ルービン米財務長官がその後も「ドル高は米国の関心事」との発言を繰り返したことで、投資家の間ではドル買いに安心感が生まれた。

さらに日銀は、それまで1.75%であった公定歩合を1995年4月14日に1.0%、9月8日に0.5%、また、1998年9月9日には無担コール翌日物金利を0.25%に引き下げたことで、欧米ヘッジファンドの間では円を調達通貨とする円キャリートレードが投資戦略上のブームとなった。

【図表】円安局面のドル円相場

円安局面のドル円相場
出所:(資料)米連邦準備制度など

当時2日間2.8兆円の円買い介入でも円安の流れは不変

日本の金融システム危機も円売りを助長した。この結果、ドル円相場は、1995年4月19日の81円12銭から約3年4か月後の1998年8月11日には147円14銭と、81.4%の上昇を記録した。この間、「日本売り」を阻止するために、政府日銀は1997年12月17~19日に1兆591億円、1998年4月9~10日に2兆8158億円の単独円買い介入を実施した。

また同年6月には、人民元切り下げを嫌う中国政府の依頼を受けたドル売り円買い日米協調介入(米国833百万ドル、日本2312億円)も実施されたが、いずれも効果は限定的であった。

結局ロシア通貨危機と大手ファンド破綻が円安の終止符に

ところが、1998年8月17日にロシア政府が90日間の対外債務の支払い停止を宣言(事実上のデフォルト宣言)したことで、同年9月にはLTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)が事実上の破綻に追い込まれた。

これを契機に、世界中の金融市場において資産価格が急激に調整されたため、欧米ヘッジファンドは大幅な損失と過度な担保不足に陥り、それまで積み上げてきた多額の円キャリートレードを一斉に手仕舞うこと余儀なくされた。

ドル円相場は、1998年10月19日に114円46銭と、前述のピークから22.2%の急落を見せた。このとき、多数の大手欧米ヘッジファンドが倒産に追い込まれたことは記憶に新しい。また、1997年5月にも、アジア通貨危機の勃発によって12.1%のドル安調整が起きている。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。

本サイトからのメールは「●●●●●●@j-money.jp」という形式のメールアドレスで送信いたします。メール規制の設定をされている方は、「j-money.jp」のドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

必須=必須項目