企業年金を担う人々の素顔に迫る企画「知りたい! 隣の企業年金」。朝日新聞企業年金基金の常務理事を務めていた阿部圭介氏が、常務理事や運用執行理事など資産運用を担う方々にインタビューしていきます。第3回は、三井物産連合企業年金基金の小倉邦彦常務理事にお話をうかがいます。

<第2回記事はこちら>
日本高速道路企業年金基金──コロナでも資産大幅入れ替え〜基金を志望、勤務3度目

三井物産連合企業年金基金の概要

  • 所在地/東京都中央区日本橋本町
  • 設立/1985年11月(2015年4月に代行返上)
  • 事業所数/72社(2022年4月現在)
  • 加入者数/9870名
  • 受給者数/2835名
  • 受給待期者/1483名

論客である。三井物産の本体を除くグループ企業で構成する三井物産連合企業年金基金の小倉邦彦(おぐら・くにひこ)常務理事。着任されたのは2017年5月。

私(阿部圭介)が朝日新聞企業年金基金に着任した2019年以降、あちこちのセミナーで真っ先に質問する小倉さんの姿をよく見かけた。最近では、パネリストや講師としての小倉さんに遭遇することが多くなった。

.

コンサルタント顔負け

小倉邦彦氏
三井物産連合企業年金基金
常務理事
小倉邦彦さん

小倉さんと言うと、自ら作成された詳細なスライドで、自分の基金のポートフォリオだけでなく、様々なファンドの特徴なども解説される。コンサルタント顔負けだな、という印象が強いです。

小倉 いや~どうでしょう。でもありがたいことに主催者や参加者の方々から「説明が分かりやすい」と言われることはありますね。

商社のグループなので、様々な業態の会社が企業年金基金の事業所を構成していますよね。そういったところで説明責任を果たすことによって鍛えられたのでは。

小倉 確かに代議員が28名いますので、その方たちへの情報のアップデートは丁寧に続けてきたつもりです。

基金の政策アセットミックスや、期待リターン、標準偏差などを拝見すると(下表)、非常に保守的な内容だと感じます。

小倉 その通りです。資産の積立比率が一定の水準に達していることなどから、運用で無理することはない、という認識です。私の着任前の2015年3月の段階で、下図のように国内・外国株式を15%に抑制しています。

また2018年5月には、それまで為替ヘッジ無しの外国債券枠を設定していたのを、マルチアセット枠に変更しています。債券そのものよりも為替のリスクの方が大きく、また、金利低下で投資効率も悪化していたためです。期待リターンと標準偏差は、毎年5月にコンサルタントと総幹事の信託銀行に計測をお願いしています。

三井物産連合企業年金基金の資産概要

  • 運用資産残高/約263億円
  • 予定利率/2.5%
  • 期待リターン/2.48%(2022年5月末現在)
  • 標準偏差/2.52%(同上)

【図表】三井物産連合企業年金基金の政策アセットミックス

三井物産連合企業年金基金の政策アセットミックス
※国内債券には短期資産2%程度を含む

株式すべて最小分散に

株式の比率自体、企業年金のなかでは低いほうだと思います。それを、すべて最小分散指数、つまり株価変動幅の低い銘柄を集めた下値抑制型に切り替えたとか。極めて例外的ですよね。どういったお考えだったのでしょうか。

小倉 ひとことで言うと、株でもうけようとは思わない、ということです。企業年金というのは資産配分をそう簡単には変えられませんよね。一方、当基金は一定程度の積み立てがある。であれば、価格変動幅を抑え、下値を守って資産の保全に重点を置きたい。

株式はもともと全て一般的なパッシブだったのを全部、最小分散型に変えました。外国債券をマルチアセットに切り替えたのも同じ考えです。株の最小分散で相場の上昇(ベータ)に0.8程度追随すればよく、あとはマルチアセットで0.2から0.25程度上乗せできれば上出来かなと。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。

本サイトからのメールは「●●●●●●@j-money.jp」という形式のメールアドレスで送信いたします。メール規制の設定をされている方は、「j-money.jp」のドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

必須=必須項目