世界中の機関投資家が議論する年次会議「PRI in Person」が2021年9月14日から3日間、東京で初めて開催される。ESG(環境・社会・企業統治)投資の一層の浸透へ、今、機関投資家や企業に求められる考えや行動は何か。日本の活動をリードしてきた、PRIシグナトリー・リレーション ジャパン・ヘッドの森澤充世氏、パートナーズ・グループ・ジャパン代表取締役社長の棚橋俊介氏に語ってもらった。

森澤 充世氏 棚橋 俊介氏
〈左から〉
PRIシグナトリー・リレーション ジャパン・ヘッド
森澤 充世
パートナーズ・グループ・ジャパン
代表取締役社長
PRIジャパンネットワーク諮問委員会メンバー
棚橋 俊介

PRI年次会議でESG投資の世界の潮流を知る

PRI in Personは、どのようなイベントなのでしょうか。

森澤 世界で3000社を超える機関投資家がPRI(Principles for Responsible Investment=責任投資原則)に賛同署名しています。日本は80社ほどです。日頃は、互いにオンラインなどを活用してミーティングや意見交換会を行っています。「PRI in Person」とは「Face to Face」で会う場です。署名している機関投資家などが、基調講演やセッションに参加して、それぞれが持つESG投資の最新の情報や考え方について、会場内で活発な議論が展開されます。2019年はパリで開かれ、約1800人が世界中から、日本からも80名ほどが参加しました。

図表 PRIの沿革

棚橋 パリ会合はとても盛況でした。総会のテーマは「急変する時代における責任投資」。パリ市長やフランスの経済財務大臣ル・メール氏も駆けつけて挨拶がありましたし、マクロン大統領からはビデオメッセージが届き、ESGにおける緊急性や、危機感を持った対応についてのメッセージがありました。

参加者同士の情報交換も活発に行われ、我々も知識欲や感性が刺激されました。普段はパソコンの画面越しでミーティングをしている仲間たちと、実際に会って情報交換ができるので、とても意味があるイベントです。

2019年のパリ会合
2019年のパリ会合。交流を深め、情報交換にいそしむ参加者で盛り上がった

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略