4つの局面で値動きを振り返る

三菱UFJ銀行 内田稔氏
三菱UFJ銀行
グローバルマーケットリサーチ チーフアナリスト
内田 稔

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市場は急変し、ドル円の値幅も2020年初来で10円を超えた。そこで、本稿ではポスト・コロナショックの為替市場を振り返り、「新常態」下でのドル円相場を展望する。

はじめに、米S&P500指数が最高値を記録した2020年2月19日から予想を上回る米雇用統計が発表された同年6月5日を観測期間として取り上げる。次に、ドル指数と米S&P500指数の動きから、リスクオン・オフの違いとその程度に応じて4つの局面(フェーズ)に切り分けた。その上で、ドル指数とドル円の値動きを振り返ってみよう(図表)。

2020年の各フェーズの詳細とドル円の変化率

まず、新型コロナウイルス問題が世界経済への深刻な驚異として認識され、リスクオフに傾斜したのがフェーズIだ。米長期金利の低下を受けてドル指数が下落し、ドル円も1ドル=101.18円まで急落した。一方、ドル資金の流動性低下や信用不安が高まり、リスクオフの程度が増したフェーズIIでは値動きが一変した。ドル指数の急騰が、リスク回避の円買いを上回り、ドル円も1ドル=111.71円まで急反発した。

これに対し、FRB(米連邦準備理事会)が迅速にドル資金の流動性供給策や信用緩和策を講じた結果、緊張が和らいだのがフェーズIIIだ。株式相場が持ち直し、クレジットスプレッドも縮小。ドル指数が緩やかに下落する中、リスクオンでありながらドル円も一時1ドル=105.99円まで反落した。

そしてリスクオンの程度が一段と強まったのがフェーズIVだ。経済活動再開が期待され、EU(欧州連合)復興基金案も浮上。日本の第二次補正予算案の規模も明るみになると市場は楽観ムードに包まれた。WTI(原油先物相場)が1バレル=40ドルの大台を回復する中、ユーロや資源国通貨が反発。その裏でドル指数は続落したが、それを上回る円安によってドル円は1ドル=109.85円まで反発した。

ドル指数は弱含みへ

以上を整理すると、まずドル指数はフェーズIIを除き、一貫して下落している。基軸通貨としての優位性があるにせよ、「経常赤字と低金利」の組み合わせが、ドルに対して不利に作用するのだろう。今後、FRBがイールドカーブに上限を設ける可能性も相応にあり、ドル金利の一段の低下も見込まれる。資源価格の動向を受けにくい経常黒字国(圏)通貨に対し、ドルは軟化する可能性が高い。

一方、ドル円はフェーズII(強いリスクオフ)やフェーズIV(強いリスクオン)の局面で上昇している反面、フェーズIとフェーズIIIでは下落している。つまりドル円の動きを規定したのは、ドル指数の方向でもリスクオン・オフの違いでもなく、リスクオン・オフの「程度」ということになる。

次に、各フェーズの持続期間を見ると、唯一ドル指数の上昇を招いたフェーズIIは最短だ。これは、各国の政府や中央銀行が強い危機感に後押しされ、迅速な対応を迫られた結果と解釈できる。このため、フェーズIIが再来してもそれほど長続きはしないだろう。また、コロナ問題の根本的な終息が見通せない限り、フェーズIVの持続性も疑わしい。2020年6月の第2週に入り、世界の株式相場が雪崩打つように急落したことがそれを物語っている。

さて、世界を見渡せば、米中対立の激化は必至であり、トランプ大統領の支持率低下に鑑(かんが)みれば、大統領選の行方も予断を許さない。英国・EU間の深い溝が埋まらないまま移行期間の打ち切りを迎える可能性は低くない。また、インフレ期待がマイナス圏に沈んでいる日本経済の先行きも危うい。

今後も国内外の情勢を踏まえて、一定のリスクオフ(フェーズI)とリスクオン(フェーズIII)とが繰り返し、押しては引く可能性が高い。これは、ドル円に下押し圧力が加わる時間帯が長引くことを意味する。実際、ドル円は上下動を繰り返しながらもフェーズIの初期に比べて下落している。2020年末に向けてドル円の1ドル=105円割れが定着する可能性が高いとみる。

【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略