指数に連動したリターンを目指すパッシブ運用の拡大により、市場平均を上回るアルファ(超過収益)を狙うアクティブ運用に逆風が吹き荒れる。アクティブの逆境はこのまま続くのか。それとも復権の可能性はあるのか─。アクティブの存在意義や今後の行く末などをアクティブハウスのトップが語り合った。(取材日:2018年3月30日)

出席者
■出席者
GAM証券投資顧問 代表取締役社長 岸本 志津
コムジェスト・アセットマネジメント 代表取締役 高橋 庸介
ベイビュー・アセット・マネジメント 代表取締役 兼 CEO 八木 健
■モデレーター
マーサー ジャパン 資産運用コンサルティング部門代表 取締役 大塚 修生

パッシブの偏重は株価形成に悪影響を与える

大塚 パッシブ運用の存在感が増すなかでアクティブ運用を取り巻く環境はどうか。

八木 運用の本場である米国では、パッシブの広がりを受けて、アクティブに対するフィーの引き下げ圧力が高まっている。しかし、エッジの効いたアクティブ投資をしている運用チームは、フィーの引き下げ競争に巻き込まれることなく、これまでの水準を保っている。フィーが高くてもパフォーマンスが伴っていれば、引き下げの圧力がかからないのだろう。

岸本 2017年の欧州ファンド市場の資金流入量は前年比9%増で、ETFを含むパッシブファンドは18%の資金流入となった。

資金流入の増加率だけを見るとパッシブファンドが優勢に見えるが、パッシブファンドが欧州ファンド市場全体に占める規模は16%程度に過ぎず、アクティブファンドが優勢であることに変わりはない。ただし、株式型のパッシブファンドのシェアは、2017年の1年間で24%から26%に伸びている。株式型ではパッシブファンドのシェア拡大は顕著といえる。

高橋 アクティブハウスの一社として、アクティブに対する誤った認識が広がっていることに懸念を持つ。その一例が「アクティブのパフォーマンスは、パッシブに劣後する」というものだ。アクティブのパフォーマンスがパッシブより高いことを示すデータもあり、欧州には安定的に超過収益を創出しているアクティブマネジャーも少なからず存在している。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略