新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を契機に、米中冷戦が新たな段階を迎えたことは外国為替市場にとって重要である。ポストコロナの米中対立は、米国にとってのわが国の地政学的な重要性を再び向上させるだろう。21世紀の冷戦は、米国による政治的な円高圧力を軽減させると予想される。
(記事内容は2020年6月4日時点)

「質への逃避」の恩恵は米国債と金価格に

J-MONEY論説委員
梅本 徹

2020年1~5月期における世界の金融市場は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に席巻された。2月26日夕、米疾病対策センター(CDC)が、米国初の市中感染のカリフォルニア州における感染経路が確認できない事例を発表したことで、金融市場の動揺が始まった。

3月13日には、トランプ大統領が米国における国家非常事態を宣言した。また、欧州では、3月10日にイタリア、17日にフランス、23日にドイツと英国が、それぞれ外出制限を適用し、さらに、ドイツとスイスは16日より事実上の国境封鎖を実施した。COVID-19のパンデミックと、それに伴う主要国における外出制限や国境封鎖の実施によって、世界経済は急速な収縮に見舞われた。2020年第1四半期における主要各国・地域の実質GDP(国内総生産)のマイナス成長は、米国が前期比年率5.0%、ユーロ圏が前期比3.8%、中国が前年比6.8%、日本が前期比年率3.4%となった。第2四半期にはさらにマイナス幅が拡大するとみられている。

主要金融指標をみると、今回のパンデミックによる経済収縮の動きを最も先取りしたのは米国債市場であった。10年物米国債利回りは、年初の1.88%から中国国内の感染拡大を受けて、1月末にはすでに1.51%まで下落した。2月上旬にはいったん1.62%まで反発するが、その後、米国国内での感染拡大から3月9日に0.54%まで急落し、以降、0.6%台を中心に推移した。一方、米国株式の本格的な下落は2月終わり以降となった。S&P500を見ると、年初から2月下旬まで極めて安定的に推移した後、米国内での感染拡大を受けて急落し、3月23日には年初比マイナス31.3%となった。しかし、それ以降は、主に政策対応(後述)を好感して、5月末には同マイナス6.6%まで反発している。

原油価格は、省エネルギーや代替エネルギーにシェールオイルという構造的な需給悪化要因に加えて、パンデミックと産油国間の生産調整の決裂という偶発的・循環的な要因が加わり、劇的な急落を記録した。年初61ドル/バレルであったWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は、4月20日にはマイナス37ドル/バレルまで下落した。無論WTIの価格がマイナスとなるのは史上初のことである。対して、米国債とともに「質への逃避」から世界経済大混乱の恩恵を受けたのは、金価格であった。2020年1~5月期に、金価格は最大15.1%の上昇となっている(図表1)。

図表1 「質への逃避」の勝者は米国債と金価格、敗者は株価と原油価格

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略