「ブレグジット・ローラーコースター」はまだ終わっていない

デイヴィッド・プロサー
David Prosser
ロンドン在住のフリーの金融ジャーナリスト。金融業界取材歴は25年。複数の英有力紙の編集幹部職を経て,インデペンデント紙にビジネス・エディターとして3年在籍。現在は、英国内外の様々な新聞、雑誌、Webメディアに寄稿している。

英国は2020年1月31日、EU(欧州連合)から離脱した。約3年半前の国民投票以降の世論の分断や白熱した議論を考えれば、やや拍子抜けの感があった。ベルギーの首都ブリュッセルにあるEU本部では加盟国旗から英国旗が静かに外された。英国では冷たい雨となったため、離脱祝賀パーティーもそれほど華やかなものとはならなかった。

実際のところ、この日は当然のことながら、英国の完全なEU離脱への中継点でしかなかった。英国はEUから公式に脱退したが、2020年12月31日までと定められている移行期間中、双方は正式離脱前の関係およびEU法の適用を維持することで合意している。英国とEUの2021年1月1日以降の関係がどうなるかは、FTA(自由貿易協定)の交渉の結果を待たねばならない。

その交渉の初会合が2020年3月5日に閉幕した。漁業や司法などを中心に対立構造が浮かび上がった模様だ。いずれの分野も主権がぶつかり合い、両者とも簡単に譲歩できない。記者会見でEU側は「深刻な意見の不一致があると」と述べた。英側は移行期間の延長を申請しない方針を変えていない。

市場からも英・EU交渉の行方について楽観論はほとんど聞こえてこない。英経済調査会社キャピタル・エコノミクスの英国担当チーフエコノミスト、ポール・デールズ氏は、「交渉は難航が予想され、今年の大半が費やされるのは必至だ」としたうえで、その行方について、「本年末に英・EU関係が激変する事態を回避するため、おそらく曖昧な決着になる可能性が最も高い。(市場にとって)上振れサプライズや下振れサプライズは多くの投資家の予想を超えるものとなるだろう」と警告する。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略