日本経済にとって地域創生は重要なテーマの1つである。地域経済が抱える課題や金融の役割について、金融庁の石田晋也氏と、日本政策投資銀行(DBJ)の地下誠二氏に、地域共創ネットワークの坂本忠弘氏が話を聞いた。

金融庁 総務企画局 総務課長 石田 晋也氏
金融庁
総務企画局 総務課長
石田 晋也
日本政策投資銀行 常務執行役員 地下 誠二氏
日本政策投資銀行
常務執行役員
地下 誠二
地域共創ネットワーク 代表取締役 坂本 忠弘氏
地域共創ネットワーク
代表取締役
坂本 忠弘

※地下氏は2018年6月28日付けで取締役常務執行役員に就任。

① 地域経済の課題と金融機関の対応

外部からの誘致に頼らず地域の企業による産業振興を

坂本 地域創生を進めるうえで大きなカギになるのは、それぞれの地域性やプレイヤーの個性をどう生かしていくかだと考えている。DBJのレポートでは、地域経済の振興策として外部からの企業誘致や公共投資に頼るのが限界を迎えていることを指摘しており、地域が持つさまざまな資源を用いて地域経済の活性化を目指す、内なる産業振興が重要だと述べている。そのためには金融機関の役割も重要で、地域での事業の連関や集積を考えたアプローチが求められるほか、資金の出し方についても従来のシニアローンだけでなく、メザニンローンやエクイティを含めた多様な手法を使えるのが望ましい。DBJでは具体的にどんな取り組みを行っているのか。

地下 企業を誘致することは地域経済にとって確かに良い効果を生むが、いまだに多くの人が想定しているのが、大きな工場をつくればまとまった雇用が生まれ、新しいバリューチェーンが生まれるということだ。最近は工場も合理化が進んでいるため、かつてほど大きな雇用は生まれにくくなっている。大企業を1社呼ぶために補助金を付けることは、地域経済にとって必ずしも実効的とはいえないのが現実だ。一方で、地域に根付いている企業はあまり重視されない傾向がある。地域創生を考える際には、地域の企業をもっと大切にすべきではないかという問題意識を持っている。例えば福井県の繊維産業や富山県の製薬のように、地域にすでにある産業を生かし、発展させることが重要なのではないか。

金融に関しては、地域の中核企業は借金が比較的少なく、借り入れに困っていない場合が多いため、DBJでは手元の余剰な資本をうまく使おうという提案をしている。具体的にはM&Aサービスの提案や、議決権がない種類株を通じた共同出資などを行っている。種類株を発行すれば自己資本が充実するため、地元のメインバンクにとってはM&Aなどに向けた融資を行いやすくなる。このように地域金融機関と、エクイティを提供できるDBJの特質をうまく組み合わせた金融サービスを提供する事例が増えている。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略