エネルギー価格高騰の2つの要因

中空麻奈
BNPパリバ証券
グローバルマーケット統括本部
副会長
チーフクレジットストラテジスト
チーフESGストラテジスト
中空 麻奈

エネルギー価格が高騰している。主要地域の一般炭価格(図表1)を見ると、2021年3月あたりから堅調に価格が上昇していることがわかる。同じく、天然ガス/LNG価格も猛烈に価格が上昇してきたことが見て取れよう(図表2)。

こうした事態を打開しようと、2021年10月18日、日本政府はIEA(国際エネルギー機関)と連携し、産油国に原油の増産を要請したとの報道がなされたが、原油のみならず、さまざまな資源価格が高騰している。

【図表1】一般炭価格推移(2021年1月~直近)

CATチャンネル

一般炭価格推移
出所:ブルームバーグ、BNPパリバ証券

【図表2】LNG/天然ガス価格推移(2021年1月~直近)

LNG/天然ガス価格推移
出所:ブルームバーグ、BNPパリバ証券

この背景には循環要因と構造要因が複雑に絡み合っていると考えられる。コロナ禍の落ち込みからの需要の急回復、不順な天候や各地で起きた災害という循環的に起こりうる“循環要因”と、脱炭素化の流れは確かなものがあるにせよ、再生可能エネルギーの供給は不安定であり、エネルギー転換期にあってガス依存が急拡大するも、いきなりガスを増やすこともできない、といった“構造要因”である。

これらが複合的に作用し、エネルギー価格を上げている。これだけの価格高騰が仮に長続きするようなら、クレジット市場に影響が出る。注意が必要になってくると考えられるため、今回のテーマとして取り上げた。

世界同時に起きたエネルギー危機。このエネルギー価格高騰の背景は循環要因と構造要因の組み合わせだと説明したばかりだが、直接的な原因は各国で異なる。この辺りから見ていく。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。

本サイトからのメールは「●●●●●●@j-money.jp」という形式のメールアドレスで送信いたします。メール規制の設定をされている方は、「j-money.jp」のドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

必須=必須項目