アレックス・フルー・マクミラン(Alex Frew McMillan)
香港を拠点に20年あまりにわたりジャーナリスト活動を展開。ニューヨーク・タイムズやインターナショナル・ヘラルド・トリビューン、フィナンシャル・タイムズ、サウス・チャイナ・モーニング・ポストのほか、アジアン・インベスターなどの雑誌媒体でも執筆。

実質2%成長目標の達成は「不可能」との見通し

2015年は多難な1年だった。いろいろな宗派の過激思想に染まった人々による悲惨な銃撃・爆破事件が世界を震撼させ続けた。治安の悪化は経済成長に影を落とした。債務危機脱却のために苦しんでいる欧州に100万人を超す難民が押し寄せ、どの国も対応に苦慮している。商品価格と新興国通貨は、世界経済の先行きへの悲観的な見方を反映して数十年来の安値をつけた。しかし、逆説的に言えば、さらに悪くなる材料がそれだけ減ったのだから、2016年については楽観的な見方をすることも可能だという理屈も成り立つ。

日本に限れば、会員制アドバイザリー会社IMAアジアが発行する「アジア・パシフィック・エグゼキュティブ・ブリーフ」は、2016年が安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」にとって節目の年になると予測している。そのなかには、安倍首相が2017年4月から消費税を8%から10%に予定通り引き上げることを明言すれば、自動車や住宅などの駆け込み需要が2016年に期待されることから、2016年に限られるものの、アベノミクスのどの矢よりも景気の底上げ効果を確実にもたらすだろうとの指摘がある。

安倍首相は先に、2016年度の法人税引き下げを決め、介護離職ゼロを目指すと公約した。しかし、IMAアジアは安倍首相が掲げる実質2%のGDP(国内総生産)成長目標は達成不可能だと見ている。その分析によると、成長率を2%引き上げるには企業が2%かそれ以上の賃上げに応じる必要があるが、2015年末時点では、30人以上の従業員を抱える企業の収益が減少傾向にあるため賃上げはなさそうだ。そのうえで、2016年(暦年ベース)の成長見通しは1.2%とした。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略