『J-MONEY』の「東京外国為替市場調査」は、今年で節目の30回目を迎えた。現在の市場の実情をより反映させるため、金融法人と事業法人の両部門では8つのサービスカテゴリー別のアワード形式を採用。外国為替証拠金取引会社部門では、スポットサービス提供先の項目数を絞り込んだ。総合評価では、包括的な為替マネジメントサービスが支持を集めた三菱UFJフィナンシャル・グループが15年連続トップとなった。(柴田哲也)

UBSが「金額加算」で2位

第30回東京外国為替市場調査には、事業法人69社・機関、金融法人70社・機関、外国為替証拠金取引会社7社の計146社・機関が参加した。

各回答者が、順位付け(1~5位)して選んだ複数の金融機関を規定ポイントで加算し、計算した「総合評価ランキング」は、昨年に続き三菱UFJフィナンシャル・グループが1位だった。みずほフィナンシャルグループが2位、三井住友銀行が3位だった。

「金額加算ランキング」は、回答者による金融機関の順位付けを、月間平均取引金額(10億円未満、100億円未満、500億円未満、1000億円未満、1000億円以上の5段階)に応じて配点、計算したものだ。こちらは1位三菱UFJフィナンシャル・グループに続き、2位UBS、3位JPモルガン・チェース銀行など外資系が健闘した。

企業間競争の激しい外国為替証拠金取引会社部門の「ECN/マルチバンク」は、FXSpotStreamが3連覇を飾った。

全体(事業法人・金融法人・外国為替証拠金取引会社)

2020年 総合評価ランキング

順位 金融機関名 スコア 1位指名
回数
2019年
順位
1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 311 45 1
2 みずほフィナンシャルグループ 130 10 2
3 三井住友銀行 76 2 3
4 JPモルガン・チェース銀行 70 6 5
5 バークレイズ 62 3 4
6 UBS 55 4 12
7 野村ホールディングス 53 2 9
8 シティ 51 2 8
9 三井住友信託銀行 48 1 6
10 クレディ・アグリコル銀行 47 4 7
11 バンクオブアメリカ・メリルリンチ 46 3 9
12 ゴールドマン・サックス 35 2 13
13 ドイツ銀行グループ 34 4 14
14 スタンダードチャータード 17 2 19
14 りそな銀行 17 0 15

2020年 金額加算ランキング

順位 金融機関名 スコア 2019年
順位
1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 13016 1
2 UBS 10025 11
3 JPモルガン・チェース銀行 7255 4
4 バークレイズ 6485 2
5 バンクオブアメリカ・メリルリンチ 6000 6
6 シティ 5380 5
7 ドイツ銀行グループ 5319 9
8 三井住友銀行 4206 10
9 みずほフィナンシャルグループ 3838 3
10 野村ホールディングス 3475 13
11 ゴールドマン・サックス 2790 12
12 HSBC 2152 7
13 クレディ・アグリコル銀行 2080 8
14 三井住友信託銀行 1860 14
15 スタンダードチャータード 1645 18

調査の概要

◉東京外国為替市場の顧客となっている事業法人ならびに金融法人、外国為替証拠金取引会社にアンケート用紙を送付。回答のうえ、FAX・郵送・メールで返信してもらった。
◉調査期間:2020年7月3日~7月27日。
◉総合評価ランキングのスコアは、各回答者が順位付けして選んだ複数の金融機関を規定ポイントで加算し、計算した。自己申告による月間平均取引金額10億円以上の回答者を抽出して算出を行った。月間平均取引金額10億円未満の回答および金額回答がない場合は、集計に反映しない。
◉金額加算ランキングの算出にあたっては、各金融機関が獲得した票数をもとに、回答者からの指名順位(1~5位)と、各回答者が自己申告した月間平均取引金額に応じて配点し、計算した。取引金額は10億円未満、100億円未満、500億円未満、1000億円未満、1000億円以上の5段階。金額回答が無い場合は、集計に反映しない。加重平均は行っていない。
◉部門別評価ランキングは、各回答者が順位付けして選んだ複数の金融機関を規定ポイントで加算し、計算した。

回答者の内訳

回答者の内訳

部門別評価の概要

※ グループ本社の所在地で「国内系」「海外系」に分類
◉ベスト オプション バンク:オプション取引提案が優れていると思う金融機関
◉ベスト リサーチ バンク:分析・レポートが優れていると思う金融機関
◉ベスト エマージングカレンシー バンク:米ドル、欧州通貨以外の通貨サービスが優れていると思う金融機関
◉ベスト コンサルティング バンク:商品スキームの提案力が優れていると思う金融機関
◉ベスト バックオフィス バンク:ITサービス・問い合わせ態勢などが優れていると思う金融機関
◉ベスト 海外ネットワーク バンク:グローバル拠点網が充実していると思う金融機関
◉ベスト プラットフォーム バンク〈シングルバンク・GUI〉:電子取引システムが優れていると思う金融機関
◉ベスト プラットフォーム バンク〈ECN /マルチバンク〉:電子取引システムが優れていると思う金融機関

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略