「脱国債」の受け皿として機関投資家のオルタナティブ投資が加速している。なかでも、長期のインカム強化を狙う投資家は、「インフラ・デット」「インフラ・エクイティ」に関心を寄せている。運用会社の担当者に2つの資産の魅力を聞いた。

公共色の強い資産が対象、安定したインカムに期待

長引く低金利環境のなか、満期償還を迎える国債の代替投資先としてオルタナティブ資産に資金を振り向ける動きが加速している。なかでも、存在感を増しているのがインフラ投資だ。

インフラ投資では、主に水道やガス、電力配送網、空港など日常生活や経済活動に不可欠なサービスを提供する事業に投資をする。公共色の強い事業を対象資産とする特性から、投資期間は長期にわたり相対的に流動性は低くなる傾向があるが、インフレ耐性が強く安定したインカムが期待できる。そのほか、伝統資産との相関は低く、ポートフォリオ全体のリスク低減につながるとの指摘もある。特に、「長期契約に基づき、安定的な収入の見通しが立つ」や「事業において独占・寡占的立場を確立している」インフラ資産のリスクは低い傾向があるという。

倉田 千裕氏
マッコリーアセットマネジメント
営業本部
(マッコーリーインフラストラクチャーアンドリアルアセッツ)
マネージャー
倉田 千裕

マッコーリーアセットマネジメントの営業本部(マッコーリーインフラストラクチャーアンドリアルアセッツ)マネージャーの倉田千裕氏は、「不動産やプライベート・エクイティ(PE)などに比べると、インフラの市場規模は小さいものの、資金流入のペースは早い。再生可能エネルギーなどにも投資をするインフラ投資は、 ESG(環境、社会、ガバナンス)との相性がよく、投資・事業運営の過程にESGを組み込むインフラマネージャーを投資家が採用する傾向があることもインフラ市場の拡大の一因と考えられる」と話す。

寒河江 弥生氏
野村アセットマネジメント
アドバイザリー運用部
PEインフラストラクチャー&ストラクチャリングチーム
シニア・ポートフォリオマネージャー
寒河江 弥生

一般的にオルタナティブ資産と言えば、不動産やヘッジファンドなどを最初に思い浮かべるだろう。インフラ投資は歴史が浅く、リスクの所在やリターンの源泉がわかりにくいなど、投資にはある程度の知見が求められる。

野村アセットマネジメント アドバイザリー運用部 PEインフラストラクチャー&ストラクチャリングチーム シニア・ポートフォリオマネージャーの寒河江弥生氏は、「インフラ投資は、投資案件の構築にあたり公的機関や事業運営会社、建設請負業者など、複数の関係者と契約を結ぶため、カウンターパーティリスクが高くなりやすい。また、国・地域によって公共サービスの利用者数や事業運営に関わる法律が異なるなどインフラ投資は個別性が高い。投資をする際は、案件特有のリスクの見極めが大切だ」と強調する。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略