異常な低金利が世界に広がるなか、日銀のマイナス金利政策によって機関投資家の運用環境が一段と厳しさを増している。日本の機関投資家より前にマイナス金利政策の洗礼を受けた欧州機関投資家は、どのような手を打ったのか。マイナス金利政策導入後の欧州機関投資家の動向に迫る。(工藤晋也)

深刻度が大きい金融法人、低金利=低リスクの前提崩れる

2014年6月、主要国の中央銀行として初めてECB(欧州中央銀行)がマイナス金利政策を導入した。以後、2014年12月にスイス、2015年2月にスウェーデンなどが追随していく。スイスでは、2015年1月に長期金利の指標となる10年物国債がマイナス圏に沈んだ。ところが、ユーロ(欧州)圏では事情が異なる。ドイツの10年物国債の金利が初のマイナスになったのは、マイナス金利導入から2年後の2016年6月だった。

THEAMこれは2016年3月に10年物国債がマイナスになった日本より遅いタイミングである。「ドイツなどではマイナス金利が新しい現実としてようやく受け入れられ始めたばかりで、その影響も保有資産全体にはまだ及んでいない。むしろ最近までは金利の低下で債券運用が好調に推移していたぐらいだ」とBNPパリバ インベストメント・パートナーズ傘下の資産運用会社THEAMで債券運用責任者を務めるオリヴィエ・ラプレニー氏は解説する。

運用スタンスもマイナス金利政策を受けて劇的に変わったわけではないようだ。債券比率が減少し、代わってオルタナティブ資産の比率が増しているが、この傾向はECBなどがマイナス金利政策に踏み切る以前から見られる(図表)。「欧州の機関投資家は、プラスマイナスを問わず歴史的な低金利環境への対応として、すでに運用戦略の見直しに着手している」とマーサー・ジャパンの今井俊夫氏は明かす。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略