日本初のマイナス金利で利回り低下が加速する国内債券、世界経済の減速懸念や原油安などでボラティリティが高まる国内外株式と、伝統資産が四面楚歌の状態に陥っている。従来型の運用戦略では期待通りの収益が得られにくいなか、どのような選択肢があるのだろうか。(工藤晋也、山岡靖宗)

年限12年の国債もマイナス圏に。不透明な局面向きの手法を選択

奇しくも本誌2016年冬号が発行された2016年1月29日、日銀はマイナス金利政策を導入することを発表した。この報を受けて債券マーケットはすぐさま反応。その日のうちに年限8年までの国債がマイナスに転じた。

以降、国債のマイナス化はじわじわと進む。いまや長期金利の指標となる10年国債だけでなく、年限12年の国債までもがマイナス圏に突入した。「結果、国内債券がもたらすインカムの魅力は薄まり、運用戦略を見直す動きが広がっている。『国内債券に代わる投資先を教えてほしい』といった問い合わせも増えている」と、BFCアセットマネジメント代表取締役会長の川名教之氏はいう。

では、国内債券に代わる投資先は何か。川名氏は「生保一般勘定」「保険リンク証券(キャットボンド)」「株式マーケット・ニュートラル」「債券裁定(レラティブ・バリュー)」を候補に挙げる。

このうち、生保一般勘定は元本と一定の利回りが保証されているとはいえ、低金利による運用難でリターンはおよそ1%。年金基金の2.5%程度の予定利率を達成するには、株式マーケット・ニュートラルなどでリターンを補わなければならない。

地震や台風といった大規模災害の発生に伴う損失リスクを証券化したキャットボンドは、株式や債券といった伝統的資産との相関性の低さが売りだ。「キャットボンドは需要が供給を上回っているため、利回りは多少落ちているが、引き続き機関投資家のニーズは強い。対象の災害や地域が偏っている傾向があるので、対象地域などが分散されたキャットボンドを選ぶことがポイントになる」と川名氏は説く。

「株式マーケット・ニュートラル」は、ロング(買い)とショート(売り)を組み合わせて市場変動の影響を極力減らし、銘柄選定によってアルファ(超過収益)を獲得する手法。一方の「債券レラティブ・バリュー」は、ロングとショートを組み合わせて債券ターム・ストラクチャー、クレジット・スプレッドなどの価格のゆがみを収益源とする手法である。

「いずれの手法も不透明な局面に向く。いかに優れたスキルや廉価なトレーディングコストの運用会社を選ぶかが、高いパフォーマンスのカギとなる」(川名氏)

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略