中空麻奈
BNPパリバ証券
グローバルマーケット統括本部
副会長
チーフクレジットストラテジスト
チーフESGストラテジスト
中空 麻奈

いつもより早い開花宣言や緊急事態宣言の解除など、心はやる発表とほぼ同時に、日米欧の中央銀行が金融緩和の継続を相次いで発表。市場の期待は元々が緩和継続であり、その意味では期待通りの結果発表となったに関わらず、マーケットは市場によってまちまちの反応をした。ただし、足元で上昇過程に入った長期金利を見て、金融引締に転じてしまうのでは、との一抹の恐怖感が漂っていた中、金融政策は緩和姿勢を2023年末まで維持する方向性を見出したことで、この後の資産市場は再び安定していくのではないか、と想像している。

つまり、“合理的バブル”の延長だ。合理的バブルというのは、金融緩和を礎にし、財政政策がサポートすることで資産市場に安心感が生じた現象である。コロナ禍での経済の落ち込みに関わらず、株式市場など資産価格の上昇が続いてきたことは周知である。そうなると、次に気になるのが、バブルの弾け方だ。

いつ、どこで、どうやって弾けるのか。しかし、合理的なバブルだけに、考えても結論が出ない。そうなると、いつもニッチな市場に見えているクレジットにお鉢が回ってくる。「やっぱり、今回のバブルが弾けるのもクレジットからでしょ?」と筆者も何度も聞かれている。そこで、今回はクレジット市場が崩れるとする場合の警戒しておくべき点について、チェックして見ることにしたい。

① ハイイールド市場

まずは、ハイイールド市場である。言うまでもなく、BB以下の社債などを中心にした市場である。BBは投機等級と言われる分類にあることから言えるように、クレジットリスクは高い銘柄群である。

しかし、基本的には安定して推移していることが見て取れよう(図表1)。クレジット市場全体が安定しているなら、相対的に上乗せスプレッドが乗っている分キャリー狙いも可能だ、と考えられており、投資家ニーズも安定している。欧米におけるデフォルト率も思う程上がっていない。それぞれの企業やセクターの努力から、レバレッジも改善してきており、信用力の悪化は思う程にならなかったこともある。

【図表1】ハイイールドのスプレッド推移

図表
出所:Markit、BNPパリバ証券

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目