2021年の為替市場では、米国の双子の赤字と同国への資金流入の減少によるドル安がメインテーマとなる。バイデンの経済政策=バイデノミクスも財政赤字の拡大を通じてドル安を助長するであろう。日本側では、菅義偉政権の円高抵抗力に対する懸念などが円高を招来するとみる。ドル円相場は2021年末までに90円を目指す展開と考える。 (記事内容は2020年12月4日時点)

梅本徹
J-MONEY論説委員
梅本 徹

パンデミックを契機に基軸通貨に返り咲いたドル

2020年の為替市場においてもっとも注目すべきポイントは、新型コロナウイルスのパンデミックを契機に、ドルが基軸通貨の座に返り咲いたことである。それ以降の主要為替相場は、久方ぶりに主として米国発の要因によってドル中心に展開された。

2020年は年明け以降、堅調な米国経済などを背景に、ドルは主要通貨に対して年初来プラス2 ~ 3%の比較的堅調な展開となっていた。しかし、3月に入りコロナ禍によって米国株価が急落すると、リスク回避によってドルは一時的に急落する。ドルは3月上旬に対円で年初来マイナス5.5%と、2020年の最安値を付け、対ユーロでも同マイナス2.2%、対ポンドでは0.2%まで下落した。

その後、コロナ禍とその金融市場への影響が全世界に広がりリスク回避の動きが強まると、世界の短期市場における強烈なドル不足が顕在化し、大幅なドル高となった。有事のドル買いの復活とドルの基軸通貨への復権である。3月下旬、ポンドは底が抜けたように急落し、ドルは対ポンドで年初来14.2%まで急騰。対円では同2.8%、対ユーロで同4.5%まで上昇した。

しかし、年央以降はドルが主要通貨に対して下落する展開となった。米国の国際収支の赤字とそのファイナンス問題によるドル安時代の再来と筆者は考えている。また、欧州経済の回復やEU(欧州連合)が、総額7500億ユーロの復興基金創設で合意したこともユーロ高に寄与した。ドルは、11月下旬に対ユーロで年初来マイナス6.2 %と、2020年の最安値まで下落し、対円では同マイナス4.3%まで反落した。対ポンドでは3月のポンド急落の反動もあり、ドルは9月上旬に同マイナス2.1%の昨年の最安値まで下落した後、EUからの離脱交渉行きづまりへの懸念から9月下旬にはいったん同3.3%まで急反発。しかし、その後結局当該懸念が解消し、11月下旬には同マイナス1.9%まで反落している。このような観点からは、2020年において最大の変動をみせた通貨はポンドであったといえる(図表1)。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【債券・クレジット運用戦略特集】新時代の投資先を考える
【ESG投資特集】投資対象の拡大など進化を遂げる