グローバル・キャッシュ・マネジメント(GCM)への関心が高まっている。日本企業のGCMへの取り組みと課題、金融機関が提供するサービスの現状について、関係者に話を聞いた。(杉浦直洋)

国内のCMSサービスは利用、海外まで含めた利用は限定的

日本企業の海外進出が活発化する中で、グループ全体での効率的な資金管理の実行は、企業にとって重要な経営課題のひとつだ。最近は新聞や雑誌でGCMに関する記事を目にする機会が増えており、GCMへの関心が高まっていることがうかがえる。

しかし、実際にGCMの導入に至っている企業は多くはない。J-MONEYでは2013年4~5月にキャッシュ・マネジメント・サービス(CMS)の利用状況に関するアンケート調査を実施した。回答を得た92社のうち、国内でのCMSは約3分の2の企業がすでに導入しているが、海外でのCMSを利用している企業は限られている。

調査では、国内のCMSではみずほ銀行のシステムが最もよく利用されているという結果が出た。主に国内のCMSに携わっているみずほ銀行の升水徳次氏は、同行が支持される理由として「国内での資金管理のニーズは10年以上前からあり、現在も企業にとって重要な経営課題だ。みずほ銀行は早くから専門のアドバイザリースタッフを付け、CMSを機能させるために社内体制の整備を支援するなど、顧客に対して一歩踏み込んだサービスを提供してきた」と説明する。

【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略