2012年の株式市場は、欧州債務危機の後退や米国景気の持ち直しなどを背景に、明るい兆しが見え始めたかに見えた。ところが、欧州危機の再燃や米国経済の悪化、新興国の景気減速によって株式市場は一転して下降トレンドへ。債券市場も主要国の国債利回りが歴史的な低空飛行を続けるなど、投資判断の難しい状況が続く。年金基金をはじめ機関投資家から資金を預かり運用する運用機関、そして企業年金基金から、現状の運用環境を踏まえた機関投資家のポートフォリオ戦略をうかがった。(工藤晋也)

Part 1 市場と制度の環境変化
動態的なアセットアロケーション

多様性を増す投資対象、新しい戦略を採用する動き

「株式部分では国内株式を中心に先進国株式への配分を減らし、債券部分では主に国債の比率を縮小する。その一方で株式や債券といった伝統的資産とは異なる新しいアセットクラスや投資手法のオルタナティブ、生命保険会社の一般勘定への配分が高まっている」──JPモルガン・アセット・マネジメントがこのほど実施した年金運用動向調査を通じて明らかになった国内年金基金の資産配分の現状だ。

基本ポートフォリオの政策アセットミックスベースでは、国内株式の比率は2009年3月末時点で22.4%だったが、3年後の2012年3月末には15.1%に減少した。対してオルタナティブとヘッジ機能付きの外国債券、生命保険の一般勘定は比率を伸ばしている。

とくにオルタナティブと生命保険は、2009年3月末時点でそれぞれ6.3%と6.0%だった。それが2012年3月末には8.8%と9.6%に拡大している。国内債券は政策アセットミックスベースで、2009年3月末の35.4%から2012年3月末には36.3%と0.9ポイント増えているものの、実績配分ベースに換算すると2.7ポイント減っている。

資産配分が変わった背景を「市場と制度面の環境変化にある」と見ているのは、JPモルガン・アセット・マネジメント投資戦略ソリューション室長の鈴木英典氏だ。市場面では、株式が国内株式を中心に値上がりが望めそうにない状況でありながら、ボラティリティは激しさを増している。債券はスペインやイタリアなどの国債を除き、先進国債券の利回りはきわめて低く、魅力が薄まっている状態だ。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略