ESG(環境・社会・企業統治)投資への注目度が日増しに高まるなか、本誌は2021年3月18日に「~本当に長期的リターンに資するのか?~ 再考ESG投資」と題したオンラインのカンファレンスを実施した(主催:J-MONEY、協賛:メッツラー・アセット・マネジメント、富国生命投資顧問)。各スピーカーの講演から、ESG投資の可能性を紹介する。

特別講演:ESG投資とパフォーマンス

好成績の要因分析は研究途上

全企業が投資対象で長期リターンの改善を期待

湯山 智教氏
前・東京大学特任教授(現・金融庁)
湯山 智教氏

ESGと、CSR(企業の社会的責任)およびSRI(社会的責任投資)は近年、その相違が指摘されている。SRI は軍需・たばこ・ギャンブル、人種差別などに関連する特定企業を投資先から除くなどの倫理的な側面が重視された。一方、ESGは、長期的に見たリターンの改善効果を期待するといったより収益性の要件も強い概念と考えられる。

ESG投資がポジティブなリターンをもたらすとの考え方では、「銘柄スクリーニングで、結果的に高いマネジメント能力をもつ会社が残り、高い投資パフォーマンスにつながる」「ESGを考慮した企業は、環境や社会関連のリスクも低減し、ガバナンス向上の点からもリスクが低下するため、資本コスト(リスクプレミアム)が低下する」などを主張する。

後者については、一般的な株価理論価格算定に用いられる将来キャッシュフローを割引率(資本コスト)で割り引いて企業価値を評価するDCF法で評価する際の割引率も低下することから、企業価値が向上し、よってリターンも向上するとのロジックだ。

反対に、リターンはネガティブまたは無相関との意見では、「スクリーニングで投資対象に制約が加わる(ダイベストメント)ので現代ポートフォリオ理論の観点から十分に分散投資ができない」「スクリーニング・コストがかかるのでパフォーマンスを押し下げる」などを論拠とする。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目