TOP > 注目記事 > MUFGが事業法人部門でリード、総合1位

J-MONEY2018年秋号 注目記事

第28回 東京外国為替市場調査

MUFGが事業法人部門でリード、総合1位

28回目を迎えた『J-MONEY』の「東京外国為替市場調査」は、事業法人部門でリードした三菱UFJフィナンシャル・グループが13年連続で総合1位となった。関係者コメントと合わせて調査結果を紹介する。(柴田哲也)

 第28回東京外国為替市場調査には、事業法人192社・機関、金融法人96社・機関、外国為替証拠金取引会社12社の計300社・機関が参加した。

 各回答者が、順位付け(1~5位)して選んだ複数の金融機関を規定ポイントで加算し、計算した「総合評価ランキング」は、昨年に続き三菱UFJフィナンシャル・グループが1位、みずほフィナンシャルグループが2位、三井住友銀行が3位だった。

 「金額加算ランキング」は、回答者による金融機関の順位付けを、回答者の自己申告による月間平均取引金額( 10億円未満、100億円未満、500億円未満、1000億円未満、1000億円以上の5段階)に応じて配点、計算したものだ。こちらは1位三菱UFJフィナンシャル・グループ、2位みずほフィナンシャルグループに続き、JPモルガン・チェース銀行など外資系が健闘した。

 「金額加算ランキング」の19位に、ステート・ストリート信託銀行のマルチバンク為替プラットフォーム「カレネックス」がランクインした。透明性と規制順守が一層求められるようになった為替市場における電子取引システムの可能性を示しているともいえそうだ。

全体(事業法人・金融法人・外国為替証拠金取引会社)

2018年 総合評価ランキング

順位 金融機関名 スコア 1位指名
回数
2017年
順位
1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 707 112 1
2 みずほフィナンシャルグループ 406 26 2
3 三井住友銀行 223 7 3
4 JPモルガン・チェース銀行 147 9 4
5 シティ 116 5 5
6 バークレイズ 113 7 7
7 野村ホールディングス 96 3 8
8 クレディ・アグリコル銀行 84 9 9
9 バンクオブアメリカ・メリルリンチ 76 9 6
10 三井住友信託銀行 60 1 11
11 HSBC 56 5 12
12 ドイツ銀行グループ 45 2 10
13 ゴールドマン・サックス 43 1 13
13 UBS 43 1 14
15 BNPパリバ 29 2 15
15 スタンダード・チャータード 29 2 17
15 りそな銀行 29 1 15
18 モルガン・スタンレーMUFG証券 18 1 21
19 農林中央金庫 15 0 27
20 新生銀行 13 1 24
21 ステート・ストリート銀行 12 0 18
22 ナショナル・ウエストミンスター銀行 9 1
23 埼玉りそな銀行 8 0 27
24 SMBC日興証券 6 0 36
24 八十二銀行 6 0 22
24 横浜銀行 6 0 41
24 大和証券 6 0 20
24 ソシエテ・ジェネラル 6 0 36
24 コメルツ銀行 6 0 36
30 あおぞら銀行 5 1 32
30 カレネックス 5 1
30 ロイヤルバンク・オブ・スコットランド 5 0 18

2018年 金額加算ランキング

順位 金融機関名 スコア 2017年
順位
1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 25472 1
2 みずほフィナンシャルグループ 14845 2
3 JPモルガン・チェース銀行 14290 3
4 バークレイズ 11095 6
5 シティ 10294 5
6 バンクオブアメリカ・メリルリンチ 10045 4
7 三井住友銀行 7751 7
8 クレディ・アグリコル銀行 6730 9
9 HSBC 6077 10
10 UBS 5400 11
11 ゴールドマン・サックス 5135 12
12 野村ホールディングス 4865 13
13 ドイツ銀行グループ 4780 8
14 BNPパリバ 3330 17
15 三井住友信託銀行 2842 14
16 モルガン・スタンレーMUFG証券 1890 18
17 スタンダード・チャータード 1675 15
18 コメルツ銀行 900 25
19 ロイヤルバンク・オブ・スコットランド 750 16
19 カレネックス 750
21 りそな銀行 713 20
22 ステート・ストリート銀行 615 19
23 SMBC日興証券 536 40
24 XTXマーケッツ 450
25 ソシエテ・ジェネラル 325 27
26 新生銀行 307 21
27 大和証券 305 26
28 カナダロイヤル銀行 304 44
29 ING 300
30 農林中央金庫 245 33

総合1位 三菱UFJフィナンシャル・グループ

各社のベストプラクティスを結集
不透明感漂う環境で際立つ総合力

 このたびは、総合評価・金額加算ランキングをはじめ、個別の通貨ランキングにおきましても非常に高い評価をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。当グループの強みは、世界50カ国以上に拠点を待つ本邦金融グループ随一のグローバルネットワークに加え、グループ各社の専門性を活用した商品・サービスの提供力にあります。

 今年に入り、貿易戦争の過熱やトルコをはじめとしたエマージング市場の急落、混迷するBREXIT(英国の欧州連合離脱)や欧州政治など、為替市場の先行きへの不透明感が一層強まっております。

 こうしたなか、私どもはグループが誇る人的資源やグローバルネットワークを通じての状況分析や相場予測を迅速かつ的確にお客様に提供してまいりました。

 そのほか、為替の電子取引化の流れに対しては、AI(人工知能)を活用した市場予測やベストプライスの提供などを含め、電子取引プラットフォームの機能拡充、利便性向上、対象取引拡張に努めています。

 また、2017年5月にGlobal FX Committeeが策定した外為業務の統一ルール「グローバル外為行動規範」への遵守意思を表明し、市場の健全性と円滑な機能促進に率先して取り組んでいます。

 今後も、国内外のお客様との強固な関係性のなかで培ってきた財務管理や事務体制のノウハウのほか、銀行・信託・証券各社の強みを結集したMUFGの総合力により、幅広いお客様の多様なニーズに応えることができるサービスを提供していきます。

 引き続き変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしく
お願い申し上げます。

■総合評価1位の指名理由

●取扱通貨の幅が広く、条件も柔軟に対応。市場動向の情報提供もタイムリー(信販)
●各通貨の規制や送金実務に関するアドバイスなど、実務面の総合力が優れている(メーカー)
●外為部門と法人営業部、国際業務部の連携が良い(運輸)
●輸入原油代金の為替リスクヘッジに関する情報提供力、および原油購入にかかるスタンドバイL / C開設業務の円滑な業務処理(メーカー)
●電子取引プラットフォームの機能の拡充や利便性、きめ細かい情報提供(証券)
●質の高い豊富な情報発信。安定して信頼感がある。高品質な事務(メーカー)

総合2位 みずほフィナンシャルグループ

One MIZUHO戦略の進化で
課題解決のベストパートナーへ

 本年も非常に高い評価をいただきまして、すべてのお客様に心より感謝申し上げます。

 2018 年度の為替相場を振り返りますと、昨年に引き続きドル円は低ボラティリティでの推移となっております。国内で有効な投資機会を見つけ難い環境下、日本企業の目線は海外に向かいやすく、M&A(合併・買収)や海外子会社の増資などの対外直接投資が飛躍的に伸びており、連結ベースでのバランスシートの為替リスク管理の重要性が増していると感じています。

 また、日本企業による、アジア・エマージング諸国への進出は拡大傾向が続いています。事業拠点の拡大やアジア諸国間での貿易の増加に伴い、これまで以上に高度な為替リスク管理が求められています。こうしたお客様のニーズの多様化を受け、〈みずほ〉ではグループ合同開催の主要通貨セミナーに加え、「アジア・エマージング」や「エネルギー」などをテーマに取り上げたセミナーを定期的に開催しており、お客様よりご好評いただいております。今後も、情報提供やサポート体制の充実に注力していきます。

 そのほかにも、〈みずほ〉では様々なリスクヘッジ・運用ニーズに対応するため、広範な市場プロダクツを取りそろえています。同時に、お客様の利便性の向上に向け、(1)為替・金利・コモディティについてOne Stopでソリューションを提供できる体制作り、(2)海外拠点網のトレジャリー機能の強化によるお客様の進出先での資金為替取引のサポート向上、(3)為替Eプラットフォームの機能拡充と高度化などを進めています。

 〈みずほ〉のグループ戦略として、従来からの銀行・信託・証券3社の連携に、アセットマネジメント・リサーチ&コンサルティングを加えた「One MIZUHO戦略の進化」を推進しており、お客様のあらゆるニーズにこれまで以上にお応えする「課題解決のベストパートナー」を目指していきます。引き続き変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■総合評価1位の指名理由

●取扱通貨、規制通貨への対応、マーケット情報の提供。当社ビジネスに沿った提案・アドバイスなど、他行と比較して優位性有り(その他サービス)
●レートに競争力があり、セミナーなどの情報提供も充実している(その他サービス)
●スポット・フォワードともに安定して良いプライスが提示され、対応も丁寧(地銀)
●きめ細やかな顧客サービス・取引対応(投信・投資顧問)
●クイックな対応力と事務手続きの信頼感(メーカー)
●迅速、正確性に優れていて信頼度が高いから(証券)
●総合力に優れている(外為証拠金取引)

総合3位 三井住友銀行

データ分析を通じ質の高い
ソリューション提供を実現

 本年も多くのお客様から高い評価をいただき厚く御礼申し上げます。弊行の強みは、グローバルに展開するSMBCグループ全体の知見を結集した、お客様へのソリューション提供力にあります。

 商品については海外各拠点と連携し24時間体制でマーケットにアクセスすることで、外国為替のみならず各種デリバティブを含む幅広いラインアップを提供しています。また現地マーケット情報をタイムリーにお届けできるよう、国内外のエコノミストやマーケットディーラーと密接なネットワークを築いており、特にお客様の関心の高い新興国通貨では専用の為替デスクを設け、時宜を得たヘッジ提案などを行っています。

 近年目覚ましい進展を見せるデジタライゼーションにも注力しており、データ分析を利用して千差万別なお客様のニーズに対し、斬新で顧客満足度の高いソリューションを提供するなど、サービス面でも大きな効果を発揮しつつあります。また、セールス担当者の質の高さもSMBCの強みです。セールス・トレーディング間で頻繁にジョブローテーションを行うことで、マーケットに対するアンテナの高さとお客様のビジネスに対する理解力の深さをあわせ持った、問題解決能力の高いセールス担当者が育成されております。

 弊行のEコマースについては、大企業から中小企業までシステムの使いやすさにご好評をいただいております。為替予約締結システム「i-Deal」や貿易などの業務をサポートする「Gets(Global e-Tradeサービス)」とのシームレスな連動により、為替予約の約定と同時に海外送金の手続きがスムーズに完了できるなど、ユーザーの実務に沿ったシステム設計になっています。

 グローバル化の進展に伴い、国内のお客様が世界へ販路を拡げていくことは不可逆的なトレンドであり、今後も、国内・海外を問わず為替リスクをマネージするお客様が増えていく傾向は続くと見ています。セールスの質向上とデータ分析の精度を上げていくことで、引き続きお客様の多様なニーズに対してスピード感あるソリューションを提供してまいります。

■総合評価1位の指名理由

●システムの操作性、利便性、コスト面での優位性(信金・信組)
●ブラジルレアルなどの新興国通貨の情報が豊富(メーカー)
●クイックレスポンス、新たな業務への対応、業務改善、提案にも優れている(地銀)
●市場の情報などをタイムリーに電話で報告してくれるため(メーカー)
●顧客先目線での総合的な対応(メーカー)
●取引量、情報提供の頻度など(メーカー)
●提案力や外為システムの使いやすさ(メーカー)

総合4位 JPモルガン・チェース銀行

ユニークなニーズにも応える商品力

 今年も多くのお客様からご評価いただき、心より感謝申し上げます。J.P.モルガンではグローバルで年間1兆円規模のテクノロジー投資を行っており、早くから先進的な電子プラットフォームの構築に取り組んできました。

 当社の強みは、いかなるボラティリティを持ったマーケットにおいても、世界規模のフランチャイズ網により安定した流動性を確保し、柔軟な執行を提供できることにあります。また、充実したリサーチ情報、取扱通貨の多様性、高い商品力はグローバル企業ならではと自負しております。

 複雑化するお客様のニーズに対しては、為替オプションやエマージング通貨の為替ヘッジなど、テーラーメイドでストラテジーをご提案しています。近年増加しているクロスボーダーM&Aにおいては秘匿性の高さを求めてアルゴリズムを用いたヘッジをご活用いただく機会が増えております。

 J.P.モルガンにとって日本は非常に重要な市場であり、金融法人から、事業法人、インターバンク、外国為替証拠金取引会社まであらゆるお客様とお取引させていただいています。一人の担当者が複数のプロダクトを扱う体制を整え、為替のみならず他の金融商品も扱うことでお客様の様々な財務ニーズに迅速に対応するよう努めています。

■総合評価1位の指名理由

●様々な通貨、プロダクト(為替以外にも金利を取引するため)を提供しており、プライスが安定している(銀行)
●取引プラットフォームの利便性とプレゼンス(銀行)
●プライシングの早さ、正確性(価格がぶれない)、情報提供の質・頻度(地銀)
●リサーチも含めた総合的な安全性(投信・投資顧問)
●情報量が多いため(投信・投資顧問)
●サービスが丁寧(証券)
●提示レートの優位性(コンサルタント)

総合5位 シティ

100カ国の拠点を通じサービス提供

 シティを支持いただいたお客様に厚くお礼申し上げます。シティは、東京を最重要拠点と定め、セールス、トレーディング、リサーチ、プライムなど、すべての分野にトップクラスの人材を配し、テーラーメイドのソリューションでお客様の多様なニーズにお応えしております。世界100カ国の拠点を通じて、160カ国のお客様へのサービス提供を背景に、新興国市場へのアクセスも強力で、あらゆる通貨をカバーしております。日本人バンカーが常駐する「ジャパンデスク」を世界12カ国14都市に広げるなど、日本のお客様のオフショア・メインバンクとして、世界中どこでもお客様のご要望にお応えできる体制を築いております。

 デジタル化や新しいテクノロジーの開発にも積極的に取り組んでおり、CitiFX VelocityやCitiFXPulseなどの電子取引プラットフォームのほか、執行から決済までの一貫処理を提供するFXプライムブローカーにも注力しております。「すべては顧客のために」というシティのDNAは、為替サービスにも脈々と流れております。広くお客様に信頼されるパートナーとして、シティの持つすべてを日本のお客様にお届けすべく、これからも日々努力を続けてまいります。

■総合評価1位の指名理由

●丁寧な対応と、当社からの質問に対してわかりやすく迅速に回答いただいている(商社)
●事務処理、決済サービスを含めた総合評価(損保)
●為替取引全般におけるサポートと提案力(メーカー)
●すべてのサービスで優れている(外為証拠金取引)

総合6位 バークレイズ

戦略的な為替取引のパートナー

 今年も多くのお客様からバークレイズ銀行の外国為替サービスに高い評価をいただき、深く感謝申し上げます。また、当社は来年(2019年)東京オフィス開設50周年を迎えます。これもひとえに当社を支えてくださるお客様あってのことと感謝しております。

 この節目の年にあたり、当社では引き続きお客様のニーズにフォーカスし、東京外為市場に根差した体制の強化に努めてまいります。今後もアジア時間における安定的なリクイディティと良質なプライスの提供、電子プラットフォーム「BARX」のさらなる利便性向上、通貨オプションを活用したリスクヘッジに関する提案、タイムリーで質の高いリサーチの提供とセミナーの開催に注力してまいります。引き続き皆様の為替取引の戦略的パートナーとして、日本で50周年を迎えるバークレイズ銀行をよろしくお願いいたします。

■総合評価1位の指名理由

●セールスや顧客サービス、エコノミストなどの勉強会、セミナーなどの総合力(投信・投資顧問)
●プライス提示の迅速さに優れ、かつシャープである。商品提案力も高い(地銀)
●プライス、顧客対応、各種情報提供力において優れているため(地銀)
●総合力、セールスのサポート力(投信・投資顧問)
●すべてのサービスで優れている(外為証拠金取引)

総合7位 野村ホールディングス

Connecting Markets East & West

 本年も、多くのお客様から野村をご支持いただけたこと、心より御礼申し上げます。

 野村の為替サービス三本柱である『リサーチ・トレーディング・セールス』を、より多くのお客様に役立てていただくため、さまざまな施策を行っております。

 リサーチでは、2017年からお客様を対象としたスモール・ミーティングを月次開催しています。また、「野村為替塾」は新任為替担当者向けセミナーとして定着し、大変ご好評をいただいております。

 トレーディングは、引き続き競合他社を上回る規模のトレーディングデスクを配置し、シンガポールやロンドン・ニューヨークなどの海外拠点と緊密な連携を図りながら、日本のお客様への強いコミットメントと競争的なプライス提供を実現しています。

 セールスは、全国の支店ネットワークや充実したバックオフィスの活用、為替やその他取引のデジタライゼーションにも積極的に取り組んでおります。

 私どもは、今後もグループの野村信託銀行とともに、複雑化・多様化するお客様の為替ニーズに対して、魅力的なサービスとプロダクトを提供してまいります。

■総合評価1位の指名理由

●ディーラー・リサーチなどの総合力を評価(信金・信組)
●レートの競争力が高い(損保)

総合8位 クレディ・アグリコル銀行

新興国通貨でも高付加価値サービス

 2018年も、お客様からこのような多大なご支援をいただきましたことに大変感謝しております。これは、我々が長年にわたってお客様に提供させていただいた質の高いサービスと専門知識、ならびにお客様と日本に対しての長期的なコミットメントを示す証と考えます。

 CACIB TOKYOの外国為替部は、CACIBのグローバルな外国為替展開の最前線にある活動拠点の一つです。私たちは、お客様のニーズに対応する金融商品を、スポット、先物、オプションなどの基本的な商品から、カスタマイズされたソリューションに至るまで提供させていただいております。

 加えて、クレディ・アグリコル銀行は、アジア、中東などの新興国で強力なネットワークを持ち、新興国通貨においても重要なプレーヤーです。市場の特殊性とより厳しい財務規制を考慮した顧客の為替リスク管理とヘッジニーズを満たすため、当社の外国為替の専門家は高付加価値金融サービスを提供させていただいております。さらに、当社は、自社のプラットフォームだけでなく、CACIBの外国為替取引を契約可能な主要な第三者マルチプラットフォームへプライスを提供しています。

■総合評価1位の指名理由

●カバー通貨の多さ。特にエマージング系に強くフォローも良い(証券)
●フォワードのプライシングの競争力とレスポンスの早さ(投信・投資顧問)
●金額の大小にかかわらず安定的なレートを提供することが可能なため(生保)
●対応の早さ、分析力、コスト(メーカー)
●非常に良いプライスを提示いただいているため(メーカー)

総合9位 バンクオブアメリカ・メリルリンチ

厳格化する規制の対応チームを拡充

 本年も多くのお客様からご支持いただきましたことに、心より御礼申し上げます。

 最近の為替取引ニーズにおけるトピックとしては、米ドルなどのフォワード取引の増加とエマージング通貨の注目度アップが挙げられます。前者は米利上げによるヘッジコストの高まり、後者はトルコショックをきっかけにエマージング通貨のボラティリティが高まったことが主な背景と考えます。

 為替市場では不確実性が上昇しており、それに伴い、お客様の間では機動的な取引機会の実現への需要が高まっています。当社は、外国為替証拠金取引会社様をはじめ、より市場感応度の高い業務に携わるお客様からプライスの決定力をご評価いただいていると自負しています。eコマースを通じて、エマージング通貨の夜間取引やアルゴリズム取引も提供しています。

 調査業務にも注力しており、リサーチ結果などはエコノミストが為替見通しなどを語るカンファレンスを通じてお客様に定期的に提供しています。為替に関する規制は今後ますます厳格化するでしょう。規制対応チームの陣容を拡充するなど、これからも市場環境を先取りした付加価値の高いサービスを積極的に開発・提案していきます。

■総合評価1位の指名理由

●取引プライシングをはじめ、市場レポート、営業担当のサポートなど総合的に良い(外為証拠金取引)
●プライスの安定、流動性の供給、有事の信頼(外為証拠金取引)
●営業からバックオフィスまで、すべてにおいてサポートしていただける(証券)
●安定した価格とビジネスサイドの情報提供(外為証拠金取引)

総合10位 三井住友信託銀行

幅広い顧客層に対話を重視した提案

 当社をご支持いただきましたこと厚く御礼を申し上げます。お客様の潜在的な課題やリスクに対してトータルソリューションを提供できるよう活動してきた結果をご評価いただけたものと受け止めております。

 インターバンクとの連携によるプライスの競争力、電話取引と電子取引の双方に対応できる柔軟さが為替セールスチームの強みです。事業法人から年金基金、投信会社、ファンドなどの信託顧客まで、幅広い顧客層へのコンサルティング実績がある点は信託銀行ならではの特徴と考えます。

 市場を取り巻く環境は変化を続け、為替取引に関するお客様のニーズは多様化しています。また、業務効率化の観点から取引の電子化はますます活発化することでしょう。しかし、どのような時代でも対話を通じた提案活動は必須だと当社では考えています。お客様のニーズに適う選択肢を提示できるよう、カスタマーディーラー一人ひとりの能力向上に努めるとともに、今後も対話を重視した提案を続けてまいります。

■総合評価1位の指名理由

●レスポンスが早いから(コンサルタント)
●取引対応力(投信・投資顧問)
●プライスが良い(地銀)















各部門1位の声

個人別ランキングで1位に輝いたディーラーたちに、受賞の喜びと今後の意気込みを聞いた。

▶カスタマー 個人別ランキング1位
 このたび多くのお客様より高い評価をいただいたことに、大変感謝しております。これは私一人の力ではなく、バークレイズ銀行のチーム力を高く評価していただいたものと考えております。

 私自身はこれまで長年外国為替業務に携わってきておりますが、カスタマーディーラーとして常に熱意をもち、誠実にかつ謙虚に、そして「クライアントファースト」をモットーにお客様への柔軟な対応を心がけています。

 今後も安定したプライスとお客様のニーズに合った商品を、バークレイズ一丸となってご提供してまいります。

▶ファンダメンタルズ分析 個人別ランキング1位
 この度は、大変高いご評価を賜り、身に余る思いです。

 金融危機から10 年を経て、世界経済は、正常化という大きなうねりとその余波に直面しています。経験則にあまり頼ることができず、金利差という羅針盤も機能不全に陥っています。

 こうしたなか、為替アナリストにはそれに代わる指針を示す技量が求められています。我々MUFG は一丸となり、グローバルネットワークを生かしながら、価値有る情報提供に努めて参ります。

▶テクニカル分析 個人別ランキング1位
 テクニカル分析部門で1位に選んでいただき、心より御礼申し上げます。

 当社では、相場の動向を理解するためには欠かせないテクニカル分析に加え、新興国を含めた100以上のマーケットの動向や需給環境を横断的にリサーチしたうえで、見通しを披露しています。

 「相場は理論通りに動かない」という信念のもと、日々のマーケットの細かな値動きをつぶさに観察することを大事にしながら、今後も論理的で一貫性のある情報をお客様にお届けします。