Advertisementアクサ・インベストメント・マネージャーズ
TOP > 注目記事 > 日本の部門優秀賞を発表

J-MONEY2012年秋号 注目記事

2012年 ユーロマネー賞

日本の部門優秀賞を発表

ユーロマネー英語版では毎年、最も優れた金融機関を選ぶユーロマネー賞を発表している。本誌が発表した2012年ユーロマネー賞・日本部門の受賞会社、選考理由を紹介する。
ユーロマネー誌2012年7月号より抄訳

銀行部門
三菱東京UFJ銀行

 三菱東京UFJ銀行が日本のベスト・バンクに選ばれた主な理由はその規模の大きさからだった。国内最大の銀行として、規模の大きさがもたらす多くの恩恵を受け続けている。日本勢は、資本基盤の相対的な高まりを背景に、新しい市場への進出に余念がない。さらに、日本のメガバンクが抱える欧州リスクは相対的に低いことから、最近数カ月の業績も欧米の多くの競争相手より好調に推移している。

 国内市場において確固とした地位を誇る三菱東京UFJだが、関係筋によると、同行はグローバル市場においても存在感を高めようとしているという。2011年7月には、疑似持ち株会社「米国BTMUホールディングス」が設置され、米州総代表(米国シングル CEO)の下で一元的な経営管理を行う体制が整った。その目的は、重要さを増す米国事業のさらなる拡大・強化だという。同行を含めた多くの日本の金融機関による今後数年間の事業拡大計画では、米国市場が主要な部分を占めることになりそうだ。その中でも、米国市場を重視しているのが東京三菱UFJだ。

投資銀行部門/エクイティ部門
モルガン・スタンレー

 モルガン・スタンレーが、2011年ユーロマネー賞の選考対象期間中にアドバイザリーサービスを提供した日本企業関連ディールの総数は、各業界を象徴するいくつかの案件を含む47件、公表ベースの取扱高は240億ドル相当に上った。トヨタ自動車による関東自動車工業の完全子会社化案件もその一例だ。モルガン・スタンレーの日本における事業形態は複雑だ。モルガン・スタンレーは、2010年5月に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と日本において投資銀行業務と証券業務を提供する2社体制で運営される証券合弁事業を発足した。「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と「モルガン・スタンレーMUFG証券」がその2社だ。

 モルガン・スタンレーが選考期間中に日本で取り扱ったM&Aディールの中で特筆すべきは、2011年4月1日のパナソニックによる総額18億5000万ドルに上る三洋電機の完全子会社だ。さらに、同社は、競合各社の多くが認めるように、クロスボーダー・ディールにおいてもその高度な専門性を発揮した。その中には、東洋製罐による米製缶・製蓋機械メーカーのストーレ・マシナリーの買収案件がある。主だった株式引受案件でも、モルガン・スタンレーは、韓国系オンラインゲーム大手のネクソンの東京証券取引所上場に伴う株式公開での主幹事をはじめ、様々な業界において活躍した。債券引き受けでは、ユーロ円債とサムライ債の引き受けランキングで首位に立っているほか、財投機関債と地方債を含む国内債市場でも上位に位置している。以上のような資本市場とM&A部門における実績から、日本におけるベスト・インベストメント・バンクにモルガン・スタンレーを選んだ。

 エクイティ部門では、ネクソンの株式公開に加えて、モルガン・スタンレーは、福山通運によるユーロ円建て転換制限条項付転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行や、産業投資ファンド投資法(IIF)やジャパンリアルエステイト投資法人(JRE)など数件のREITによる公募増資においても、その実力を示した。

デット部門/M&A部門
野村證券

 日本のM&A部門では、野村證券が圧倒的な地位を堅持し、他社はその後塵を拝している。その規模と顧客層の厚さからして、同社が国内ディールの取り扱い数において他を寄せつけない状況は今後も変わらないだろう。受賞選考対象の1年間に野村のアドバイザリー先は134件、総額565億ドル相当に達した。総額だけを見ると、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、ドイツ銀行の3社が野村にかなり接近したが、件数は少数にとどまった。国内M&A部門において、日本勢で野村に最も接近したところはみずほフィナンシャルグループだった。

 日本のデット・キャピタル・マーケット(DCM)では、市場シェアでほぼ4分の1、総額781億ドル相当、取り扱い件数389を記録したみずほが野村を抜いた。しかし、ほとんどの市場関係者が認めるように、市場のリーダーが野村であることには変わりはない。選考対象期間中に、みずほが総額を伸ばすことに力を注いだのに対して、野村は市場全体の注目を集めるディールの多くでアドバイザーを務めた。

※同賞における「モルガン・スタンレー」とは、三菱UFJ モルガン・スタンレー証券とモルガン・スタンレーMUFG証券で構成する日本におけるジョイント・ベンチャーを指す。