不適格性時代に脚光浴びるヘッジファンドの活用で安定運用を追求

米国大統領選挙や中東での地政学的リスクがくすぶる中で、多くの機関投資家は運用環境が断層的に変化するリスクシナリオに目を光らせています。メインシナリオを外れる状況に備える方策がいくつかあるなか、分散投資の高度化とともに近年注目度が高まっているのがヘッジファンドの活用です。そこで、本カンファレンスではユニークな内容の戦略も揃う近年のヘッジファンドの最新動向や実際の活用例などを紹介しつつ、機関投資家の皆様に役立つ貴重な情報を提供します。

セミナー概要

講演名
不確実性時代に脚光浴びるヘッジファンドの活用で安定運用を追求
日時
2024年6月21日(金)
講演:13:30~16:45(開場13:00)、懇親会:16:50~17:50
会場
べルサール東京日本橋 RoomD+E
(東京メトロ日本橋駅直結)
参加方法
・事前申込制(J-MONEY Onlineへの会員登録が必要です)
・参加費無料
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。申込締切日は6月20日(木)15:00です。
主催
J-MONEY
協賛
RBCブルーベイ・アセット・マネジメント、フランクリン・テンプルトン・ジャパン、キャプラ・インベストメント・ジャパン

* 本セミナーは企業・法人向けセミナーです。同業者・個人の方のお申込みはお断りすることがございます。

プログラム

13:30~ 特別講演

ヘッジファンドをどのように活用すべきか
~課題とそのソリューション

木須貴司氏(きす たかし)
木須貴司氏(きす たかし)
野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング
フィデューシャリー・マネジメント部
シニアコンサルタント/ソリューショングループリーダー
野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティングのシニアコンサルタント、フィデューシャリー・マネジメント部ソリューションG・グループリーダーとして、DBおよびDC向けの資産運用コンサルティング、リサーチ業務に従事。新たなコンサルティングサービスの開発や期待リターン・リスク等のリサーチなども担当。同社の前身の野村證券フィデューシャリー・サービス研究センター入社以前は、国内生命保険会社にて主に運用企画、リスク管理に従事。CAIA協会認定オルタナティブ投資アナリスト、1級DCプランナー、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト(CMA)。
14:00~ スポンサーセッション

高い流動性を活かした機動的な運用で
様々な相場に備えるヘッジファンド投資

川村 学氏
川村 学氏(かわむら まなぶ)
フランクリン・テンプルトン・ジャパン
営業本部長 機関投資家営業部長
2023年6月よりフランクリン・テンプルトン・ジャパンの営業本部長に就任。前職では、2017年にアリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンに入社し、6年間リテールビジネスを含む営業全体のクライアント・サービスおよび機関投資家向け新規ビジネスの責任者を務めた。さらにそれ以前は、ブラックロック、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズなどの米大手資産運用会社にて、10年以上にわたり主に日本の機関投資家営業を担当。それ以前は、邦銀において資産運用を歴任。30年超に及ぶキャリアの中で、営業、ポートフォリオ運用、ソリューション提供、マーケティングに携わり、金融業界に精通。イリノイ大学アーバナシャンペーン校でMBA、小樽商科大学商学部で国際マーケティングを専攻。国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。
金・サラ氏
金サラ氏(きむ さら)
フランクリン・テンプルトン・ジャパン
オルタナティブ・スペシャリスト、ジェネラル・マネージャー
2023年9月、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社にオルタナティブ戦略(ヘッジファンド、プライベート・エクイティ、プライベート・デット、不動産)担当として入社。フランクリン入社以前は、英インフラストラクチャー・プライベート・エクイティ・マネージャーActisで日本と韓国における戦略提案を総括。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントではプライベート資産からヘッジファンドに至る幅広いオルタナティブ戦略のプロダクト・スペシャリストとして従事。それ以前は、ピムコ・ジャパンなどで伝統資産の戦略を中心に機関投資家営業に従事。東京大学経済学部卒。CFA協会認定証券アナリスト。
14:35~ スポンサーセッション

あらゆる市場環境において
有効なヘッジファンド戦略を考える
~ブルーベイ・マルチストラテジー戦略~

大川畑聡氏
大川畑聡氏(おおかわばた さとし)
RBCブルーベイ・アセット・マネジメント
運用部 ポートフォリオ・マネジャー
2005年に日本生命保険相互会社に入社し、東京、シンガポール、ロンドンの拠点において国内外の株式やクレジット、オルタナティブ分野の投資業務に従事。2022年5月にブルーベイ・アセット・マネジメント(現 RBCブルーベイ・アセット・マネジメント)に入社し、ポートフォリオ・マネジャーとしてオルタナティブ商品や株式商品を中心に担当。東京大学経済学部卒業。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。
15:10~ コーヒーブレイク
15:25~ スポンサーセッション

キャプラが提供する
不確実な市場環境に対する投資ソリューション

伊﨑 彬晃氏
伊﨑 彬晃氏(いざき あきみつ)
キャプラ・インベストメント・ジャパン
インベスターリレーションズ シニアディレクター
2023年6月にキャプラ・インベストメント・ジャパンに入社。2014年から2023年はピムコジャパンリミテッドにて、伝統的資産からオルタナティブ戦略を担当する年金・法人営業部のシニア・バイス・プレジデントを務めた。それ以前は2006年から2013年までみずほ証券株式会社にて債券セールス(円債・外債)やプロダクトセールス(資産担保証券・ファンド)を務めた。2006年慶応義塾大学経済学部卒業。CFA協会認定証券アナリスト、CAIA協会認定オルタナティブ投資アナリスト、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト(CMA)、宅建士。
16:00~ パネルディスカッション

不確実性時代の
ヘッジファンド投資を考える

木須貴司氏(きす たかし)
木須貴司氏(きす たかし)
野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング
遠藤健一氏
遠藤健一氏(えんどう けんいち)
日立ハイテク企業年金基金 常務理事
1987年、山一證券に入社し、支店営業に従事。1998年4月メリルリンチ日本証券に入社。2001年11月日立ハイテクノロジーズ(現日立ハイテク)に入社し、日立ハイテクノロジーズ厚生年金基金事務長として、代行返上、キャッシュバランスプラン導入などに携わる。2011年1月より運用執行理事として政策的資産構成割合、ヘッジファンド・プライベートアセット等のオルタナティブ資産を中心としたポートフォリオを構築。2019年4月より常務理事を兼任。
阿部 圭介氏
【コーディネーター】
阿部圭介氏(あべ けいすけ)
J-MONEY論説委員(朝日新聞企業年金基金・前常務理事)
16:50~ 懇親会(17:50 閉会)

※プログラムの時間や内容が変更となる場合があります。ご了承ください。

セミナーのお申し込み

    ユーザー登録情報(こちらでは修正できません)
    メールアドレス
    • 登録いただいた個人情報は、主催者(株式会社エディト)およびこのセミナーの共催者に共有されます。その後は、おのおのの会社の個人情報保護規定により適切に取り扱われます。
    • お申し込みいただいた方の個人情報の取扱いについて、主催者および共催者による営業活動に関連するご連絡、イベントのご案内、資料の送付などのために使用することがあります。
    • お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきますので、何卒ご了承ください。
    申込締切 6月20日(木)15:00