2013年のベストディールを表彰する「ディール・オブ・ザ・イヤー」。金額規模や執行業務の鮮やかさ、資本市場に与えた影響、執行後のパフォーマンスといった点を基準に、10部門のベストディールを選定した。
(J-MONEY編集部 ※データはディールロジック提供)

M&A部門

ベストM&Aディール(OUT-IN)

中國信託商業銀行による東京スター銀行の買収

OUT-IN型M&Aのなかでも、初の試みとして注目を集めたのが中國信託商業銀行(CTBC)による東京スター銀行の買収だ。海外ファンドによる邦銀買収は過去に事例があるものの、外国銀行が買収するケースは今回が初。

2013年10月31日、CTBCは主要株主である米投資ファンドのローンスターを筆頭とした特別目的会社2社(シャイニング・スターおよびアライド・ホールディングス)から、発行済み株式98.16%を520億円で取得する意向を発表した。

東京スター銀行は、首都圏を主な営業基盤とした上位第二地方銀行で、預金残高は2013年3月時点で約2兆1000億円。今回の買収でCTBCの海外子会社となる予定だ。

CTBCは、台北市に本社を置く台湾大手の商業銀行。台湾の上場企業による日本でのM&Aとしては過去最大規模であり、日本におけるウェルスマネジメント(富裕層向け金融サービス)へのプラットフォーム構築の第一歩といえる。規模の大きさや前例のない邦銀買収という観点から、ベストディールに選出した。

CTBCは国際金融業務支店(OBU)を通じ、法人向け外国為替事業や中小企業などの顧客基盤の拡充・拡大を目指す。そのほか、ローンや為替管理、資金調達などあらゆる分野での海外取引サービスを推進し、東南アジアや中国へ進出を希望する日本企業への融資もさらに強化する狙いだ。

2011年に締結された「日台民間投資取り決め」による投資の自由化や規制緩和などを背景に、アジア地域における地銀としての地位を確立すべく戦略的に実行された今回の買収。邦銀のみならず日本経済に影響を与え得るとして、今後の動向に注目が集まる。

この記事は会員限定です。

会員登録後、ログインすると続きをご覧いただけます。
新規会員登録は画面下の登録フォームに必要事項をご記入のうえ、登録してください。

会員ログイン
 
  
新規会員登録(無料)
利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「J-MONEY Online」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、機関投資家や金融機関の役職員、事業会社の経営者・財務担当者、その他金融ビジネスに携わる企業や官公庁、研究機関などの役職員、もしくは専門家のいずれかに該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

必須 私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。
必須=必須項目
【特集】未曾有の運用難をどう乗り越える? アフターコロナの運用戦略