2021年12月16日(木)にオンラインで開催!
職場やご自宅のパソコンやスマホから参加できます[事前申込制]

「無形資産」、すなわち人的資本や知的財産、データ、アイデアといった形なき資産を、企業価値としてどのように扱っていくか、これまでになく注目が集まっています。
企業の付加価値を生む原動力は、機械設備などの有形資産から無形資産にシフトしていますが、無形資産を評価することは非常に難しい問題です。ただし、いくつかの試みによって、データに裏付けられた無形資産の評価が可能になってきています。

J-MONEY Onlineカンファレンスでは、無形資産投資の現状と課題を検証し、今後の可能性を占うセミナーを開催します。
機関投資家の皆さまのご参加をお待ちしております。

【セミナー概要】

日時
2021年12月16日(木)16:00-17:00(15:30から入室可能)
講演名
J-MONEY Onlineカンファレンス
オルタナティブデータとしての無形資産情報と資産運用への活用
対象者
機関投資家(運用会社・保険会社・信託銀行・銀行・証券会社・年金基金等)の皆さま
参加方法
インターネットで視聴
・参加費無料(機関投資家ならどなたでもお申込みできます)
・事前申込制(J-MONEY Onlineへの会員登録が必要です)
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
・ご登録された方には事前に視聴用URLをメールでご案内します
主催
J-MONEY
協賛
アスタミューゼ株式会社

【講演内容】

16:00 セッション
無形資産投資とは何か:学術研究と官民プロジェクトからの含意
宮川 大介
一橋大学大学院経営管理研究科 准教授
16:35 セッション
資産運用における無形資産情報の具体的な活用方法
関野 麗於直
アスタミューゼ 事業開発本部 イノベーション投資事業部 部長
17:00 セミナー終了

【講師のご紹介】

宮川 大介
宮川 大介(みやかわ だいすけ)氏
一橋大学大学院経営管理研究科 准教授
早稲田大学政治経済学部卒。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Ph.D. in economics。日本政策投資銀行、ハーバード大学などを経て2014年より現職。東京大学エコノミックコンサルティング(株)チーフエコノミスト、日本銀行金融市場局客員研究員、内閣府経済社会総合研究所客員研究員。研究分野は、企業・個人の行動解析・予測、取引ネットワーク分析、金融市場のミクロ実証分析。民間企業との多数の共同研究実績を有し、19年には(株)東京商工リサーチとの共同研究成果を基に特許取得(企業パフォーマンス予測アルゴリズム)、20年には有限責任あずさ監査法人及び住友三井ファイナンス&リース(株)との共同研究成果を基に特許取得(不正会計検知アルゴリズム、リース料率最適化アルゴリズム)。
関野 麗於直
関野 麗於直(せきの れおな)氏
アスタミューゼ 事業開発本部 イノベーション投資事業部 部長
東京大学理学部卒業後、大手SIerに新卒入社し、プロジェクトマネージャーとして主にメガバンクの国際金融規制対応業務に従事。その後、外資系戦略コンサルティングファームにて事業戦略策定/新規事業開発/M&A関連支援等を経験し、アスタミューゼへ参画。

セミナーのお申し込み

セミナーの受付は終了いたしました。