プロのための金融誌|J-MONEY[ジェイマネー

日本投資・運用フォーラム2018 講演レポート

日本投資・運用フォーラム2018・会場

投資と運用に関するあらゆる情報が一堂に

日銀のマイナス金利政策が続く一方、米長期金利は上昇が見込まれており、資金運用・年金運用の現場では既存の運用手法の見直しが進んでいます。金融工学を駆使したプロダクトが多く登場している一方で、国債の代替としては決め手に欠き、投資マネーはより高い利回りを求めるイールド・ハンティングの動きを強めています。

運用ビジネスに従事するプロフェッショナルの方を対象に、運用業界を取り巻く環境や最新の投資手法、リスク管理手法などの情報を提供するために、2018年7月18日に東京で「日本投資・運用フォーラム」が開催されました。講演の内容を紹介します。

講演採録

新芝 宏之氏

基調講演

環境変化の中でのアナリストの役割

新芝 宏之氏

公益社団法人日本証券アナリスト協会 会長
株式会社岡三証券グループ 代表取締役社長

山川 哲史氏

基調セッション

2018・2019年の経済・市場展望
―ゴルディロックスの終焉?―

山川 哲史氏

バークレイズ証券株式会社
調査部長 チーフ・エコノミスト

松元 浩氏
適温相場後のポートフォリオ運用
~創業213年の運用会社から見える世界~

松元 浩氏

ピクテ投信投資顧問株式会社
常務執行役員 グローバル資産運用部長

高橋 庸介氏
欧州で拡大する株式厳選投資とESG

高橋 庸介氏

コムジェスト・アセットマネジメント株式会社
代表取締役

横谷 宏史氏
今注目すべき「汎アジア債券」と
「中国債券」による投資ソリューション

横谷 宏史氏

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
運用部 マネージング・ディレクター
ポートフォリオ・ストラテジスト(債券/為替)

佐々木 康平氏
ETF市場34兆円の内実

佐々木 康平氏

三菱UFJ国際投信株式会社
法人投資家営業部 シニアマネジャー

日本投資・運用フォーラム2018 開催概要

開催日
2018年7月18日
対象者
大手銀行、信託銀行、地域金融機関、生命保険、損害保険、年金基金、投資信託・運用会社、運用部門長、リスク管理部門長、財務・経理部門長などの皆様
主催
JTBコミュニケーションデザイン、エディト(J-MONEY)
協賛
(五十音順)
S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス、コムジェスト・アセットマネジメント、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、日本テクニカルアナリスト協会、ピクテ投信投資顧問、三菱UFJ国際投信