TOP > ニュース・イベント >J-MONEYカンファレンス〈2018年6月14日〉

J-MONEYカンファレンス〈2018年6月14日〉

運用難時代の先を読む
―インフラ投資の魅力―

 国内ではマイナス金利政策が続き、米国債はさらなる金利上昇が見込まれるなか、イールド資産のひとつであるインフラ投資への関心が高まっています。先進国ではインフラの改修、更新の需要が継続的に強く、新興国では今後も開発が増えると予想されています。インフラ事業への資金需要と投資機会は今後高まる可能性があります。

 J-MONEYカンファレンスでは、かんぽ生命保険の春名貴之氏を講師に迎え、インフラ投資のありかたについて考えます。皆さまのご参加をお待ちしております。

お申し込みは終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

開催概要

●日 時:
2018年6月14日(木)12:30-(11:30開場)
●場 所:
東京ステーションホテル 1階 鳳凰の間
(東京都千代田区丸の内1-9-1)
●対象者:
年金基金、金融機関の運用担当者、学校法人、事業会社の財務担当者の皆さま
●参加費:
無料(定員100名)
●主 催:
J-MONEY
●協 賛:
マッコーリー インフラストラクチャー アンド リアル アセッツ
三井物産オルタナティブインベストメンツ
JPモルガン・アセット・マネジメント

主な内容

11:30 開場(お弁当をご用意しております)
12:30-12:35 開催のご挨拶
12:35-13:05 基調講演
春名 貴之氏(かんぽ生命保険 常務執行役員兼運用開発部長)
13:05-13:35 インフラデット
三井物産オルタナティブインベストメンツ
13:50-14:20 インフラエクイティ(オープンエンド型)
JPモルガン・アセット・マネジメント
14:20-14:50 インフラエクイティ(クローズドエンド型)
マッコーリー インフラストラクチャー アンド リアル アセッツ
15:00-16:20 インフラ全般
協賛社3社によるパネルディスカッション

※プログラムは変更される場合があります。